May 09, 2017

子供が喜べばみんなうれしい

■2017年5月4日、シャンティドラゴン『チャイルドコンサート』(金剛督 sax、林あけみ piano、元井美智子 箏、小泉ちづこ dance)
■ハコ:上大岡 港南区民文化センター ひまわりの郷

敬愛するダジャレサックス奏者金剛さん率いるバンドの、子供の日(の前日)ライブである。オモシロイと思ったらなんでも積極的に取り入れる金剛さんは、ピアノとサックスのデュオに琴とバリダンスを加えたユニットを組んだ。ピアノと琴がなかなかハマっている。

金太郎や桃太郎、浦島太郎にドラえもん。童謡やアニソンにオリジナルと内容も充実。オリジナルはテーマ曲のないキャラに光を当てた、桃太郎に退治された鬼、かぐや姫のお姫様。姫はワルツで鬼はブルース。鬼かわいそう。

下は2ヵ月から上は小学校ぐらいまで、あわせて5〜6人いた子供が全然騒がずにひたすらステージに聴き入り見入っていた。演奏と踊りの力である。子供の反応は正直なので面白い。

■付記
久しぶりのライブだった。我ながら出不精なんとかならんか。

■付記子供
嬉しそうな子供を見ていると嬉しくなるし、泣いていたり悲しそうな子供を見ると辛くなる。子供を喜ばせるのはいいことだ。

うちの前は近くにある小学校の通学路になっている。最近いろいろ物騒なので「子供110番」の家として名乗りをあげたいぐらいなのだが、自分に子供もいないのにそんなことをしたら逆に怪しまれかねない。

係「どういった動機で……」
ず「子供が好きなんです」
係「……」
ず「大好きなんですよ!」

警察の監視対象になるか、通学路が変更されるかのどちらかだろう。嫌な世の中である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 16, 2016

バンドも客もおっさんだらけ

■2016年11月15日、アルタードステイツ(内橋和久 g、ナスノミツル b、芳垣安洋 ds)with菊池成孔 sax、坪口昌恭 key
ハコ:PIT INN(新宿)

20161115uchihasi

それだけでもかっこいい、さらに何を足してもかっこいいアルタードステイツ。+鍵盤で一曲、+サックスで一曲。休憩挟んで5人で3曲&アンコール。ビシビシ決まるリズムに心が震えるほど感動する。かっこいい……

バンドも客もおっさんだらけなのがまたいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 11, 2016

アース世界の奥深さ

いまや世界で最もアース・ウインド&ファイアーらしいバンドを高円寺で聴く。

■2016年11月10日、アース・ウインド&ファイターズ
ハコ:Jirokichi(高円寺)

前半のヒット曲連発がしびれた。イン・ザ・ストーンにシャイニング・スターというオレ的「2大イントロでホーンが入ってくるところがカッコいい曲」がどちらも演奏されて大満足。

後半のシステム・オブ・サバイバルからゲット・アウェイ〜レッツ・グルーブ(ヘリテージ・ライブと同じ流れ)は最近のお約束。

とても楽しゅうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 27, 2016

思い思いに歩いて最後はみんな同じ場所へ

■2016年10月26日、CHIZ
ハコ:ハルヤ(木更津)

ユーフォニアム、チューバ、クラリネット、ギター、ドラム、バリトンサックスというちょっと変わった編成でオリジナルの曲のみを演奏するバンド、CHIZ。作曲はバリトンサックス奏者の鬼頭 哲氏。ヤバ目の風体とは対極にあるような、心の琴線に触れる美しいメロディーを紡ぐ。

20161026haruya
盛り上がった! 楽しかった! 行ってよかった!

別の大編成バンド(KITO, Akira Brass Band !)では譜面通りに演奏される曲が、このバンドでは最低限の決め事以外は奏者が比較的自由に演奏していくそうだ。その曲を知らなくても楽しいし、知っていれば「こう来るのか」という別の楽しみもある。

というような小賢しい解説は、不要なのだ。心に染みる楽曲を素直に聴く。音楽てえのは楽しいなあ、と心から思わせてくれるバンドは今時そうそうないぞ。

みんなも地図持って歩こう。

■付記
ハコのハルヤは懐かしい2008年テント渋さの勧進元。ボス(親方)に久しぶりに会えたのもよかった。もう何もかもよかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 15, 2016

もう毎年お盆はここ

■2016年8月14日、本覚寺みどうジャズ(金剛督 sax、林あけみ p、竹内秀雄 bass)
ハコ:本覚寺(福井)

20160814fukui
このヴィジュアルから響くジャズ。たまりません

毎年恒例福井の山中にあるお寺でライブ。贅沢な夏の一日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«外は灼熱、中はそこそこ